初めての納品と、一か月を振り返る。試用期間で何をしてるんだろう自分

月末なので、案件がひと段落する方も多いんじゃないでしょうか。

ものすごく柔らかい心をもった新人の私も、今日やっと一つの案件を納品して、初めての実績といえるかはわかりませんが、やっとエンジニアとして始まったのかなと思っています。

 

それなので、この際丁度いいからこの一か月を振り返ってみようかと思いました。

 

まずは7月の最初の方。先輩から手伝ってほしいといわれた案件で終電でかえってました。ある程度できていると思っていたけれども、結局何もできないんだ自分はと再認識させられました。

 

次に今月やっていた案件が降ってきた。いわゆる組み込みみたいな案件でしたね

「これ、Linuxc++でプログラム作るから、どんなプログラムをすればいいのかとか、調べてできそうならやろうか」

なんて優しい話にはなりませんでしたけどね・・・というよりここwebアプリ開発会社ちゃうんかいな・・・と心の中で思っていました。

 

一日二日ほど、まだ慣れない英語のリファレンスを読み漁っていたら急に

「この案件納品月末だから、それまでにシステム完成させてねー」と言われました。

そして組むことになった相方は自分と同じ新人。だけ。

どういう風に仕事を進めればいいかもわからず、突然にシステムを創れと言われて、新人に何を期待しているんだという話ではあるんですが、本当に。

 

三日ほどリファレンスを読み漁って、次に開発環境の構築。ここで相当詰まった。最初はその端末のSDKが存在していたので、そのSDKを使おうと思ったらうまく使えない。公式のサイトで最新版のSDKをダウンロードしようとしたら特定提携会社にしか配布されていない、サポートの情報が五年前位で止まっている・・・・

自分の情報の取捨選択能力が低かったとはいえ、頭がおかしくなりそうでした。

悲鳴を上げながら

終電に乗ったり

終電を逃してネカフェに泊まったり

そんな日々を送りながら環境構築を終わらせた次はシステムの開発。これですでに月の半分は飛んでいました。

 

システム開発に関しては、環境構築の際に見つけたサンプルソースコードをいじっていくような作業でした。本来だめだとは思うのですが、まずは納品するためのプログラムを動かすようにしなければならない。どんな手を使ってでもしなければならない。といった感じでなりふり構っていられませんでした。

言語はC++だったので、比較的簡単でした。元より自分はもともとC++でゲームプログラミングをする学科を専攻していたので、ほうほうと、カタカタコーディングを進めていました。

 

一番面倒だったのが、これまで動いていたプログラムが一切動かなくなったという事件があったこと。結論からして言えば、相方が別のシステムファイルみたいなものをアップロードしたのが原因でしたが・・・

それと同時に相方の範囲のコーディングが遅れて自分の結合作業とデバッグ作業ができず、相方のコーディングの手伝いとか、相方のプログラムに使えそうなリファレンスを探したりなどして徹夜作業したり、カプセルホテルに泊まったりとかしていました。

そこ周辺で、ものすごく眠くて何も手が使いない、といったことが長時間続きとある日に一時間に一本くらいのペースでエナジードリンクを飲んでたら先輩にエナジードリンクを取り上げられました。いや、冷静な判断なんですけどね・・・

 

そして先週末と今日、何とかシステムの開発を終わらせて必要な書類の作成。

テストの結果一覧だったり、プログラムの仕様書だったり・・・・

これも一切お手本もなく、自分で調べてやってねと言われ、地獄のような作業でした。

時間がない中で相方と相互チェックをしながら書類を書き上げて最終納品チェックとなりましたが・・・

 

それはもう出るわ、出るわミスの嵐。

 

書類の書式が違うとか、この記載が抜けているとか、このフローが違うとか。

間違っていないところはないんじゃないかって思うくらいにミスがありました。そして指摘の嵐。ちゃんと自分はチェックしたつもりだったんですが、漏れがたくさんあってこれまで頑張っていた芯がぱっきりと折れるような音がしました。

 

人によっては、たかがこれくらいでというかもしれませんが、私はどうも相当きてしまったようでした。

やっとこれまでのつらさが終わる、ここまでチェックしたんだしスムーズにいく、見やすいようにネットなりで調べてよさそうなものの良いところを組み合わせてうまく作れた。

自分のほんのちょっとした頑張ったところをすべて全否定された気分でした。なんとか納品は間に合いましたが。帰りの電車でこれまでのつらかったことの波がわっと押し寄せてくる感覚にさいなまれましたとさ。

 

ここから、今自分が一番言いたいことなのですが、もしも、もしもこれを見ている数年勤めで今部下に新人がいらっしゃる方、案件のリーダーを務めていたりする方。

 

もし、新人だけで案件をやらせようとしている人がいたら、これだけは心にとめてください。

正直な話、監視者がいないとえらいことになると。

聞いても、その通りにうまく進まないことだってありますし、聞いてもろくにかえって来なければ想像でやるしかないですが、新人の想像でできるものなんてたかが知れているんですよ。何よりも、試用期間の新人が学校なり、資料で学んだ開発の流れをきれいに再現できるとは思わないでください。

 

・・・とは言っても、そんな状況でも軽々と乗り越える新人だっています。そういう新人しかほしくないのなら、まずあなたの新人時代を思い出してください。何も苦労しなかったことはあるんですか?わからなかったことはなかったんですか?

ないですか。あなたはしなくても、他の人は失敗もすれば疲れもします。疲れれば疲れるほど、周りが見えなくなって自分の力だけでやらなければと錯覚するんです。

 

どんどん愚痴っぽくなってしまいましたが。ひとまずは納品できたのでよし、ではあるんでしょうか。

また、何か書き留めたいことができたから更新します。

会社が辛い

一番はじめの記事に何を書いているんだお前って言うはなしなんですが。こういった奴がいるんだなぁと、少しでも知ってもらえればというのと、自分の辿った足跡を残したかったためにこのブログを始めました。

まず、私は現在とあるweb開発会社に勤めています。規模も小さい会社です。
今年から勤め初めました。

ただ、私が思っていた働くということと、この会社の働くと言うことが移管せん解離していた。入社を決める前の私はとりあえずどこでもいいから働く先がほしかった。それも原因だと思っています。

まず、会社の勤怠管理があってないようなものでした。
と、いうのも勤め初めの月なのに体調をおもいっきり崩して1日休んでしまったんですね。そして給与明細が来たときはその日のが削られているんだなぁ、とか思っていたんですが。

・全日出勤扱い(定時に来て、定時に帰ってる扱い)

一瞬目を疑いました。それと、残業時間が書かれていなかったんですね。
入社当月から残業ってのもどうかとは思うんですが、入社当月から案件に入っていたので、度々残業をしてました(日に1時間から、多かったときは四時間)
そう言ったものも一切かかれておらず私の頭のなかで疑問符が大量に浮かんだわけです。

(あれ、何で勤務時間ちゃんと報告しているのに適用されていないんだ?)
※うちの会社は勤怠管理をslackに投稿して行っています

また、今になって雇用契約を考えると
・残業代は職能手当て+見込み残業代合わせて三万(職能手当てと見込み残業代の比率、見込み何時間との記載なし)
・厚生年金、健康保険は試用期間以降に配布

と、調べたらアウトのことばかりだった。何で確認せんかったのかな僕は。

そして、現在(7月)は、社長に呼ばれ、私と一緒に入社した同期二人で7月待つ納品の案件のアサインを言い渡されました。
内容としてはとある機械の組み込みプログラム
いやもはやweb関係なくね?とか色々突っ込みをしたかったのですが一番恐ろしかったのが

・開発言語はC++(なお会社の社員全員C++は触ったことがない)
・このような案件をやった人がいない

・・・えっ??

えっ!?
と、驚きました。先輩も付けて貰えず(というより先輩社員全員案件掛け持ちして忙しい)どう進めればいいかもわからない始末。そして案の定現在上手くいっていなくてヤバイ。どないしろと。

確かに、自分の調べ方だったり、見立ての悪さだったり色々足りなかったものがあるのは承知してるし、自覚しています。
ただ、新人、何より研修を一切行っていない、新人だけでできるわきゃなかろうと、思ったんです。

社長はエンジニアかつ現在も案件に携わっていますが「簡単でしょ?」「僕ならこれくらいでできるから平気でしょ」
と、いったスタンス。(先輩社員曰よくあることで、話もしょっちゅう変わるとのこと)
また、残業中に社長に言われた「家に帰れるとか、帰れないとかっていう考えをなくすと幸せになれるよ」と言われたのは一番印象に残っています。おかしすぎないかね?

お陰さまでやばかった週は、終電を逃し家に帰るないので駅近のネカフェだったり、カプセルホテルに泊まって三日ほど家に帰れませんでした。


おそらく、このエントリーを見ている人のなかにはこれが当たり前だ、とか甘えだ、とか言う人もいるでしょう。
ただ、私としては、別に働くのが目的ではなく、金を手に入れるために働いているという考えが大きいので、新入社員がいうのもおこがましいけれども、正当な対価がない勤務というのはいささか間違っていると思う。

長々となってしまったが、こんな感じて、今の生活がとても辛い。将来性が不安なのと日本人社会的には最悪な評価になりやすいが、フリーターという働き方は、ある意味一番いい働き方なのではないかと思ってしまう。

入社一年たたずに転職を真面目に考えるなんて、思ってもいなかった。また、勤めてからの詳細でも書こうと思う。
みなさま、良い生活を。